ぼくの見ている世界

感じたことを記録として書いていきます。

パワハラしてるひとは無意識

いままでのことをちょっと振り返ってみます。
その時のことを吐き出して、ちょっと膿を出したくて。

パワハラとかセクハラってその時に言い返せばよかったとか、録音すればよかったとか、メモすればよかったとか言われるけど、そんなことできる状況じゃないですよね。

私の場合ですが、パワハラされた瞬間、これがパワハラなんだって一瞬わからなかった。

相手が何を言っていたか、どんな態度だったかも覚えてるけど、その時は混乱していて頭がパニックでした。

手と足が震えていたと思う。

席を外したいと伝えて、手帳をつかもうとしたら、うまく掴めなかった。

涙が出てきて、ふらふらとドアをあけた。
その瞬間階段から落ちた。
痛みはなかった。
2階にいた他の人を探したけど、1人しかいなくて。涙をこらえようとすると嗚咽になって、過呼吸になった。
地べたを這いずって、息をするためにビニール袋を必死に取りに行ったのを覚えてる。
友達や先輩に電話をしたけど指が震えてうまくかからない。ようやくかかった友人に叫ぶように泣いて話して、メガネもカバンも財布も持たずに飛び出した。

それから知人むかえに来てもらうまで、ふらふらと数時間彷徨っていた。

いつか謝罪の言葉がほしいけど、たぶんパワハラする人って自分がそんなことをしたなんて思ってないんだろうな。

一生悔しいのが、悔しい。