読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくの見ている世界

感じたことを記録として書いていきます。

LGBTコミュニティがこわい

いわゆるコミュニティデビューしてから10年が経ちました。

でもコミュニティがあまりにも狭くて、出る杭は打たれるみたいなところがあって、コミュニティの中で生き延びるのも一苦労なような気がします。

セクマイじゃない人からは、
つながっている友達を個別に大事にしたらいいと言われるかもしれないけど、
やっぱりLGBTにとって「コミュニティ」というのはセラピー的な安心できる場であって。
何かあればそこにいけば安心できるというのと、
そこが安心できない場になってしまうというのは、大きな違いのような気がします。

コミュニティのようなピアカウンセリングのような場じゃないと話せないことってある。
友達とカフェでお茶を飲みながらするような話じゃなくて、真剣に悩んでいることを共有し合う場所で癒されることってある。

またそんな場所が見つかりますように。