ぼくの見ている世界

Waka Kobayashi/感じたことを記録として書いていきます。

だれも

だれも知らない

何があったのか

それがたまらなくくやしい

かなしい

すべてをもっていった

でも私は

ちゃんとここで息をして

大切なひとと

大切な友人と

生きていきます