ぼくの見ている世界

Waka Kobayashi/感じたことを記録として書いていきます。

毎日

同じ天井を見つめてて、飽きる。
毎日雨の日みたいやなって思う。