ぼくの見ている世界

Waka Kobayashi/感じたことを記録として書いていきます。

バイセクシュアルなんですけど

バイセクシュアルあるある。
「男も女も愛せるなんて素晴らしい」とか
「性別ではなくその人自身を見れる素晴らしい」とか
3Pの経験談を語られたり、
「どうせいつかは男と結婚するからバイは嫌」とか
「両刀ってことでしょ」とか

まー結構嫌なことをセクマイからも、そうじゃないひとからも、親しいひとからも、他人からも言われてきたなぁと思う。

しかもそれを共有できる場所がLGBTコミュニティの中にほぼ無い!っていうのが何より悲しい。レズビアンコミュで「バイです」って言うのはほんまにハードル高い。なんかセクマイではない…みたいな空気流れるというか…。「バイセクシュアルかも」っていう人がいて「私もそう」って答えると、「いや、私は今は女性一本ですから」みたいな返答がきて凹んだり。

そう思うとポリアモリーの集まりはXジェンダーとかバイセクシュアルがいることがすごく前提的にある雰囲気ですごく居心地がよかった。

いつも「LGBTじゃなくてLGbTやろ」って思うし、LGでBのことがわからないひとはLGBをまとめて語らないでくれよと思う。Bのことをどれだけの人が「LGBT研修」とやらで語ってくれてるのだろうと思う。
恋愛対象を「男も女も好きになる」って説明されるのも不本意だし「性別に関わらず好きになる」っていうのも誤解をうむとおもう。

説明するなら「異性を好きになったり同性を好きになったりする人もいれば、恋愛対象はセクシュアリティ関係ないという人もいるし、恋愛対象(異性、同性、そうじゃない人)の占める割合もバイセクシュアルでもいろいろ。バイセクシュアルという男女二元論的な言い方が嫌という人もいるし、パンセクシュアルという言葉を使う人もいる」って感じやろか。

一番嫌やったんは、LGBT研修資料でバイセクシュアルの恋愛対象の絵が男性と女性のアイコン並べられてたのを見たとき。しかもセクシュアリティが番号付けされててどれかに当てはまるみたいな説明やった。
そのあと自分が登壇せなあかんくて、どれにも当てはまらへんし、重複もあるやろ…ってかなり悲しかったな…。

なんか長々書いてしまったからブログにあげとこ。