ぼくの見ている世界

Waka Kobayashi/感じたことを記録として書いていきます。

教育現場と職場環境

どんな簡単な事務作業でも、ちゃんとコミュニケーション取れて、しんどかったら、別の道を考えてくれて・・・、っていう上司の元だと自然にがんばっていい仕事しようと思えるんだよね。友人の仕事見てて、本当にいい上司に恵まれているなぁと思う。オーバーヒートになる前に休憩していいよと言ってくれること、「言える環境を作れる人」ってなかなかいない。気持ちを「言える」「伝えられる」ことをしてもらえる人でありたいなぁと思う。「怒る」「黙る」とか、普段から「この人には言えない」雰囲気があるとそもそも相談できない。無理しちゃう。で、結局仕事のモチベーションも下がるし、いい仕事をしたいとも思えなくなって、ある日突然倒れてしまう。これって結局「仕事」の話のようで「教育」の話だよね。日頃の「声かけ」、日頃どれだけ見てるか、「言いやすい人であるか」は教育現場も、職場も同じことだと思う。