ぼくの見ている世界

Waka Kobayashi/感じたことを記録として書いていきます。

フィードバックミサイル

講演活動をしてると
そのフィードバックとしてアンケートや感想がある

涙を目に浮かべながら話したって
現実はそう甘くないのです

泣きそうになるようなコメントがないことはない
むしろ無ければ、必死さが伝わらなかったのかとさえ思います

必死に丁寧に伝えようとすればするほど、
丁寧にするどく
ホモファビアは僕の心へダイレクトに届く
言葉となって筆跡となって
だから僕はもう活動を辞めたい
というと
まるで負け犬のような気がします
だけど僕はずっと前からただ幸せになりたい
僕が幸せになりたいのです

皆の幸せを祈って演題に立つ
そして噛みつかれる
傷は痣となり
棘は抜けず
僕を蝕み続ける

同じくらい
共鳴してくれる9割の声が僕を励まし、生かす

同じくらい
1割のミサイルが僕を撃ち抜く