ぼくの見ている世界

Waka Kobayashi/感じたことを記録として書いていきます。

しんどい。本音。

しんどい。
朝は友達と桜の下で話したりしていたのに。
昼はギターを弾いて気分がよかったのに。
いまは消えたい。
消えたいくらいしんどい。
本音を書けるのはここだけ。
本音で誰かに相談しても、鬱になったことのないひとにはわからなくて、傷つけられることも多い。

おつかれさま
日光浴したら?
ゆっくり休んでね
一時的なものかな
どうしたの?大丈夫?

どれもがしんどい。
好意的に向けられた「心配」がしんどい。

よくなってきたと思ったのに、また最近泣く日が増えた。楽しみなことが楽しめなくなって、嬉しいことに素直に喜べなくなった。その日の調子がわからないから予定も入れられない。少しのストレスで立てなくなる。

こんなことを家族に相談したら心配されるだろう。友達に話せば話を聞いてくれるかもしれない。

だけどほしいのはそれじゃない。
早くよくなりたい。
明日の不安を思って泣きたくない。
夕方から布団に入って泣く日々を終わらせたい。

ストレスから逃げるように過ごす日々の中で、たくさんのものを失った。仕事、体力、居場所、自信、お金。

「電話しようか?」
ってラインくれるけど、怖くて既読にできない。電話してもらっても、泣いてしまうだけ。明日元気になったら、悪いことしているみたいに思ってしまう。そんな大したことなかったんだって思われたくなくて。

鬱になったことのある人しか本当に分からないことが、分かった。

死にたいんじゃない。
生きているのがしんどい。
何度繰り返せば治るのか先が見えない。
よくなったと思ったら、また悪くなる。
そうやって振り回されることに疲れてくる。
疲れた。もう終わりにしたい。
そんな風に思う。

リストカットはしない。跡が残るのが嫌なのと、どれくらい痛いのかわからなくて怖いから。ODしたくなるけど、そのあと胃の洗浄がめんどくさそうでしない。

過去のトラウマを思い出して、泣くことしかできない。
こんな日に誰に頼ったらいいかわからない。
頼ったら、前みたいに警察沙汰になって、それもしんどい。
自分をこんな風にしたひとを呪ってみる。不幸にならなくていいから、反省してくれと祈ってみる。そんな日に限って、華々しい功績を残したなんてニュースが入ってきて、しんどさに追い打ちをかける。

消えたい。
小さくなって、モルモットになりたい。
ただ牧草を食べ、寝て過ごす生き物になりたい。そこにいて、いるだけでありがたがられる、大好きなモルモットになりたい。
いま生きているのは、モルモットのふくちゃんと暮らしているから。
ふくちゃんがいなかったら、とうの昔に死んでると思う。ふくちゃんのために朝起きて掃除をし、プイプイ鳴くからごはんをあげる。
ふくちゃんが生きているから、死んではいけないと思える。
ふくちゃんに依存していると言われた。依存してでも生きているのに。依存しなきゃ生きられないくらい心はボロボロ。
前のパートナーに依存したら、介護うつになって、共倒れになった。そして別れた。だから人には頼ってはいけないと思った。
頼って傷つけるくらいなら、1人でいようと思った。
こうやって日記を書いていても、明日は調子がよくてギターを弾いて歌ったりするかもしれない。
それでも、楽しいことを楽しいと思える日が少なくなっていると感じる。
他のひとと同じようにできていないことを、見て見ぬふりしている。
家族には頼りたくない。過度に心配されることがしんどい。30超えてまで、親のお世話になりたくないし、「まだ世話しなきゃならないのか」と思われることも嫌だ。

いつになったら終わりがくるのか。
いつになったら鬱が治る?
早く知りたい、治りたい。
そうじゃないともう繰り返すことに疲れてしまう。